KomuInfo - 公務員試験・年収給料情報ポータルサイト

公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします

【最新】公務員の年収、給料はいくら?

スポンサーリンク

f:id:jnjgo:20180820124245p:plain

◆公務員の年収をご紹介

公務員の仕事に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

 2017年度の公務員の平均年収は600~800万円です。

公務員は国家公務員と地方公務員の二つに分けることができます。

国家公務員は国全体のために働くのに対し、地方公務員は地域のために働きます。

国家公務員

国家公務員の区分は総合職、一般職、専門職と約3つありますが、総合職の平均年収は40代でおよそ800万円前後と言われています。

一方で、一般職と専門職の年収は40代でおよそ650万円前後です。

採用されるには総合職、一般職、専門職それぞれの統一試験(主に筆記)を受験し、合格する必要があります。試験に合格した後は行きたい省庁の人事担当者と面接し、採用されれば各省庁で働くことができます。

jnjgo.hatenadiary.jp

jnjgo.hatenadiary.jp

地方公務員

一般行政職員

一般行政職員の年収は約600万円です。

一般行政職員とは、主に庁舎内で事務作業をする職員のことを指します。

採用されるには都道府県庁、あるいは市区町村の試験を受ける必要があります。

都道府県庁に採用された場合は都道府県庁で働き続けることになります。

例えば東京都庁に採用された場合、区役所や他の県庁に異動することは原則ありません。

jnjgo.hatenadiary.jp

jnjgo.hatenadiary.jp

jnjgo.hatenadiary.jp

 

警察官・消防士などの公安職

公安職の年収は約750万円です。

一般行政職員よりもやや高めの年収となっています。

小学校や中学校の先生、高校教師

学校の先生の年収は約700万円です。

こちらも公安職と同様、一般行政職員よりもやや高めの年収となっています。

 

 

関連書籍

 ◆速攻の時事

累計140万部のベストセラー。公務員試験受験者必携。

独学では対策しにくい時事問題を要領よく学ぶことができます。

amazon公務員試験参考書ベストセラーランキング第一位!

 数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱

数的推理は教養試験で大きな比重を占めるので、是非とも得点源にしたい科目です。この本は問題の解き方や過去問について丁寧に解説してあるので、数的推理に苦手意識を持っている方に特にお勧めです。

  

参考

平成29年地方公務員給与の実態