KomuInfo - 公務員試験・年収給料情報ポータルサイト

公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします

【最新】名古屋市役所の年収はいくら?平均年収、ボーナス、倍率をまとめました!

スポンサーリンク

f:id:jnjgo:20180830224120j:plain

◆名古屋市の年収をご紹介

名古屋市役所の仕事に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2017年度の名古屋市役所の年収は622万円です。

2017年度の名古屋市役所(一般行政職)の平均年収は621万5000円、平均ボーナスは164万8000円でした。

年度別の年収・ボーナスは以下の通りです。

2017年 621.5万円(164.8万円)

2016年 624.9万円(163.8万円)

2015年 618.9万円(159.3万円)

2014年 616.1万円(156.1万円)

2013年 615.7万円(150.9万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

 

(参考)

◆政令市全体

平均年収 621万円

www.komuinfo.com

www.komuinfo.com

www.komuinfo.com

 

在籍職員総数・平均年齢

2017年度の名古屋市役所(一般行政職員)の在籍職員総数は8275人、平均年齢は40.8歳でした。

年度別の在籍職員総数・平均年齢は以下の通りです。

2017年 8275人・40.8歳

2016年 7775人・41.0歳

2015年 7729人・41.1歳

2014年 7650人・41.3歳

2013年 7525人・41.5歳

 

初任給

大卒 20万5160円
高卒 17万1120円

※2018年の実績です。

 

採用人数・倍率

2018年度の名古屋市役所(大卒行政)の最終合格者数は87人でした。

年度別の合格者数・倍率は以下の通りです。

2018年 87人・8.1倍

2017年 71人・12.1倍

2016年 87人・11.9倍

2015年 85人・12.9倍

 

<あわせて読みたい>

www.komuinfo.com

 

関連書籍

◆速攻の時事

累計140万部のベストセラー。公務員試験受験者必携。

独学では対策しにくい時事問題を要領よく学ぶことができます。

amazon公務員試験参考書ベストセラーランキング第一位!

◆数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱

数的推理は教養試験で大きな比重を占めるので、是非とも得点源にしたい科目です。この本は問題の解き方や過去問について丁寧に解説してあるので、数的推理に苦手意識を持っている方に特にお勧めです。

 

参考

総務省|給与・定員等の状況|給与・定員等の調査結果等

平成29年地方公務員給与の実態

名古屋市:職員採用情報(市政情報)