KomuInfo - 公務員試験・年収給料情報ポータルサイト

公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします

最新の民間平均給与が発表!昨年より2.5%プラスの432万2000円に!

スポンサーリンク

2017年平均給与は432万2000円…給与や賞与の実情をさぐる

f:id:jnjgo:20181011024609p:plain

国税庁は2018年9月に「平成29年分民間給与実態統計調査結果」(※)を発表した。それによると2017年12月末日時点の給与所得(給料+手当+賞与)者数は5810.8万人となった。また同年の平均給与は432万2000円となり、前年比でプラス2.5%・金額で10万6000円の上昇を示すことになった。今回は過去の取得可能なデータ分も合わせ、給与の実情を確認する。

まずは平均給与と伸び率。2017年の平均給与は前年比プラス2.5%だが、2013年の上昇から5年連続のアップとなる。公開値として取得可能な1997年以降分としては最高額だった1997年の467万3000円と比較すると、35万1000円低い値。なお合計値の平均算出の際には正規と非正規だけでなく、役員などの値も含まれていることに注意が必要。

<以下全文>

●この記事への反応

相変わらず低い

実感のわかない好景気

非正規はもっと悲惨だぞ

---------------

正規社員だけのデータが欲しい

 

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20181010-00099941/