KomuInfo - 公務員試験・年収給料情報ポータルサイト

公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします

KomuInfo

国家一般職の官庁訪問の流れは?採用されなかったらどうする?

スポンサーリンク

f:id:jnjgo:20180828163657j:plain

国家一般職の官庁訪問とは?

国家一般職は、例年最終合格者の約半数の受験生しか採用されません。

 

その理由として、地方公務員や民間企業に採用されるなどして辞退する受験生を想定し、募集人数より多くの合格者を出していることが挙げられます。

 

官庁訪問はいつ始まるか?

官庁訪問は、最終合格発表日の翌日に開始されます。

 

平成30年度の最終合格発表日は8月21日(火)、官庁訪問開始は8月22日(水)の午前9時でした。

 

官庁訪問は希望府省に採用されるための重要なステップであり、

 

官庁訪問を突破しなければ国家公務員になることはできません

 

開催場所、参加方法、予約の受付等の情報はすべて採用機関のホームページに載っているので、必ず確認しましょう。

 

各府省庁の採用担当は官庁訪問を通じて、

 

受験生が採用府省庁にとって相応しい人材であるかどうか

 

志望度がどの程度あるか

 

などを評価するので、

 

積極的に官庁訪問を行い、自分をアピールしましょう。

 

実際の流れ

官庁訪問は、本府省を訪問する場合と、地方出先機関を訪問する場合で異なります。

 

本府省を訪問する場合

本府省を訪問する場合は、一次試験合格発表後に開催される個別業務説明会の段階で、すでに受験生の見極めが行われている場合があります。

 

説明会は積極的に参加し、気になることや疑問点があれば採用担当者に質問しましょう

 

この質問の内容が良ければ採用担当者に評価され、採用に大きく近づきます。

 

地方出先機関を訪問する場合

地方出先機関を訪問する場合は、官庁業務合同説明会の場で官庁訪問のアポイントメントを取る場合が多いです。

 

この合同説明会は一日で様々な機関の説明を聞くことができる貴重な機会ですので、こちらも積極的に参加しましょう。

 

具体的な面接方法は?

官庁訪問で行われる面接の方法は様々ですが、

 

あらかじめ身上書(エントリーシート)を記入し、官庁訪問当日に持参するケースと、

 

官庁訪問当日にその場で身上書を書くケースがあります。

 

身上書には志望動機や自己PR、学生時代力を入れたこと、興味があるニュース、自分の長所・短所などが聞かれます。

 

そのため、自己分析を徹底的に行い、どのような質問が来たとしても答えられるように入念に準備しておきましょう。

 

 

実際に各機関に訪問すると、

 

業務説明をしてから現場の職員と面接をするケース、

 

人事課の採用担当者と面接をするケース

 

他の受験生とグループディスカッションをするケース

 

など各機関でやり方は大きく異なります。

 

前年度の面接方法が変わることも大きく考えられるので、臨機応変な態度で臨みましょう。

 

また面接終了後は

 

「どの年次・職階の職員と会い」

 

「どのような話をして」

 

「その話を聞いて自分はどう思ったか」

 

をノートにメモしておくことをおすすめします。

 

 

後々の面接で「どの面接官の話が面白かった?」などと聞かれる場合もあるので、

 

面接が終わったからと言って気を抜かず、次の面接に備えましょう。

 

官庁訪問は就職活動の一つです。

 

ネットに上がっているような小手先のテクニックやマニュアルにとらわれすぎず、

 

「絶対にここの省庁で働きたい!」

 

という想いを伝えることが大切です。

 

 

そのために、各省庁の業務内容をしっかりと理解し、

 

「自分はどのような仕事がしたいのか、どのように貢献できるのか」

 

をもう一度考え直してみましょう。

 

官庁訪問で採用されなかったら?

例年、国家一般職の採用漏れは非常に少なく、

 

数%の受験生のみが採用漏れになっていると予想されます。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

www.komuinfo.com

 

本府省や人気がある出先機関は最終合格発表後1週間程度でほぼ内定を出し終わっているようですが、

 

一部の出先機関は11月~年明けに内定を出す場合もあるようです。

 

もし官庁訪問早々に不採用になってしまったとしても諦めず、様々な機関に問い合わせてみましょう。

 

公務員試験に全部落ちるリスク、考えていますか?

公務員志望者におすすめしたいのが、

みなし公務員の併願という選択肢です。

 

みなし公務員(準公務員とも言います)とは、

主に独立行政法人職員大学職員などの団体職員のことを指します。

 

公務員に準拠した給与・福利厚生で、

長く勤めることができる隠れた人気の職業です。

 

転職なら社会人のための転職サイト| リクナビNEXT

 

私がみなし公務員の併願をオススメする3つの理由

 

1.面接やグループディスカッションに慣れることができる!

みなし公務員の採用試験は公務員試験よりも早い時期に行われることが多く、

面接やグループディスカッションを経験する絶好の機会と考えることができます。

面接慣れをしておくことで、本命の公務員試験でも緊張しすぎず、落ち着いて受け答えすることができるでしょう。

2.社会貢献性が高く、比較的まったりとした仕事内容!

民間企業のような利益を最優先で追求する仕事とは違って、公共上必要な事業を遂行することが仕事です。

ノルマ重視でガツガツ働くのではなく、ワークライフバランスを大切に働きたい

社会貢献することにやりがいを感じる

社会に大きな影響を与える仕事に就きたい

という考えを持った方にとっては、自分の強みを生かした仕事ができるでしょう

3.公務員試験の勉強で対策可能!

筆記試験は公務員試験よりも簡単で(あるいは筆記試験がない場合も多く存在します)、

公務員試験の勉強をしていれば十分対策できることから併願しやすくなっています。

 

筆記試験の勉強は大変だし面倒くさい!けど公務員くらい安定した職に就きたい!

 

そんな貴方におすすめしたいのが、みなし公務員の併願という選択肢です。

 

「みなし公務員になりたい/併願したい方」にお勧めしたい転職サイト3選

◆ 転職希望者の約8割が使っている、転職サイトの最大手 ◆

 

みなし公務員の求人を多く取り扱い!

 

転職なら社会人のための転職サイト| リクナビNEXT

 

リクナビNEXTを利用しないと出会えない

非公開求人が圧倒的に多いです

 

POINT

転職を成功させるには、
転職エージェントを複数利用することが基本!

 

◆ 20代第二新卒専門の転職エージェント ◆

 

書類添削・面接対策の実施により、内定をサポート

 

20代・第二新卒・既卒の転職なら| マイナビジョブ20's

 

充実したサポート体制が強みで

転職活動を手厚くサポートしてくれます

 

◆ 大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載 ◆

 

専門スタッフが企業へのエントリーから内定までをトータルサポート!

 

転職のプロが薦める優良企業が豊富| doda

 

◆ 書類選考合格済みの「面接確約オファー」のみ取り扱い ◆

 

たったの5分で、優良企業10,000社にあなたの経歴を公開できます

 

書類選考合格率100%| ミイダス

 

編集部おすすめ!
公務員試験の対策問題集まとめ

時事対策の王道!
【 速攻の時事 】

面接対策はこれ一冊でばっちり!
【 公務員面接を勝ち抜く力 】

"苦手"な数的推理を"得意"にできる
【 畑中敦子の数的推理ザ・ベストプラス 】

「なんとなく解く」からの脱却
【 公務員試験 無敵の文章理解メソッド 】