KomuInfo

総記事数2400以上!国内最大級の公務員情報サイト。公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします!

人気のキーワード #国家公務員 #国家総合職 #国家専門職 #国家一般職 #国会職員 #官庁訪問 #国立大学法人 #独立行政法人 #地方公務員 #都道府県庁 #特別区 #政令市 #まとめ #ニュース #ランキング #民間企業 #大学教授 #大学職員 #看護師 #就職活動 #公務員試験 #大学入試

【最新】国家一般職(大卒)の初任給はいくら?

令和2年7月豪雨により被災された皆様とそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
現在も救出活動にご尽力いただいている方々に深く感謝するとともに、一人でも多くの命が救われることを強く願っています。

f:id:jnjgo:20191215160840j:plain

 

国家公務員の給料は、俸給(民間企業でいう「基本給」)と手当(物価を考慮した地域手当など)から構成されます。

 

今回は大学卒業後、新卒で国家一般職に採用された場合の初任給を見ていきましょう。

 

国家一般職(大卒行政職)の初任給

22万4040円(2019年4月1日現在)

基本給

俸給 18万700円

手当

本府省業務調整手当      7200円(係員は全員定額)

地域手当(俸給の20%) 3万6140円

※霞が関で働いていない職員には、本府省業務調整手当は支給されません。

基本給+手当

合計 22万4040円

 

手取り

17万9232円

※合計額に0.8をかけた値です。

 

【参考】俸給表

行政職俸給表(一)1級25号俸

 

シミュレーション

家賃5万4000円以上の物件に住み、月に25時間残業した場合の給料は?

基本給

俸給 18万700円

手当

本府省業務調整手当 7200円(係員は全員定額)

地域手当(俸給の20%) 3万6140円

住宅手当 2万7000円

超過勤務手当 4万3717円

基本給+手当

合計 28万7557円

手取り

23万46円

 

過去の初任給

2019年 182,200円(+1500円)

2018年 180,700円(+1500円)

2017年 179,200円(+1000円)

2016年 178,200円(+1500円)

2015年 176,700円(+2500円)

2014年 174,200円(+2000円)

2013年 172,200円(+0円)

2012年 172,200円

 

 

 

国家公務員の紹介|国家公務員試験採用情報NAVI