ボーナス

【2021冬】公務員のボーナスを完全予想

ボーナスの支給日・支給月数

12月といえば国家公務員にボーナス(期末・勤勉手当)が支給される月です。

2021年は、12月10日(金)に支給されます。

そしてその支給月数は、期末手当が1.125か月、勤勉手当が0.95か月で合計2.075か月分が支給されると思われます。

期末・勤勉手当の支給月数を昨年度と比較すると以下のとおりで、人事院勧告に基づく給与法の改正で支給月数が0.15か月引き下げられる見込みです。

支給月数 夏のボーナス
(6月)
冬のボーナス
(12月)
合計
2020年度 2.25か月 2.2か月 4.45か月
2021年度 2.225か月 2.075か月 4.3か月

 

過去のボーナス支給状況

過去のボーナス支給状況は以下のとおりで、2年連続の減少となりました。

2021年 4.3か月
2020年 4.45か月
2019年 4.5か月
2018年 4.45か月
2017年 4.4か月
2016年 4.3か月
2015年 4.2か月
2014年 4.1か月
2013年 3.95か月
2014年 3.95か月
2013年 3.95か月
2012年 3.95か月

 

ボーナスの支給月数の決め方

国家公務員のボーナスは人事院勧告に基づき、民間ボーナスの支給実績と合わせることを基本とし、改定を行う仕組みとなっています。

今年度の人事院勧告では、ボーナスの0.15か月の引き下げが勧告され、12月のボーナスが2.225か月から2.075か月に引き下げられることがほぼ決まっています。

人事院勧告については以下の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

人事院勧告とは何なのか?具体的な流れを解説人事院勧告とは 人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、誤解を恐れずに簡単に言うと「公務員の給与に大きな影響を及ぼすアドバイス」です。あ...

今年度の人事院勧告の内容については以下の記事にまとめました。

2021年も公務員のボーナスがダウン!人事院勧告のポイントまとめ2021年8月10日、人事院は人事院勧告を発表し、民間企業のボーナスの支給状況について調査を行った結果、国家公務員の水準が民間の水準を上...

新卒のボーナスはいくらか

今年の4月から働き始めた新入職員の場合、初めてボーナスが満額支給されます。

大卒一般職で霞が関に勤務する場合は約45万3600円、地域手当が支給されない地域に勤務する場合は約37万8000円が支給されると思われますので、手取りはそれぞれ37万2000円31万円ほどになるでしょう。

民間企業の支給状況

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないことで、民間企業の経営環境は依然厳しいままになっています。大手企業の冬の賞与についても、前年より低く支給される企業が多くなるでしょう。