公務員の給料・福利厚生

【2021年末年始】公務員の年末年始休暇は何日あるのか?

国家公務員の年末年始の休暇は「行政機関の休日に関する法律」で規定されており、その期間は12月29日から1月3日までです。

地方公務員もこの法律に準拠していることが多いようです。

行政機関の休日に関する法律(抄)

(行政機関の休日)
第一条 次の各号に掲げる日は、行政機関の休日とし、行政機関の執務は、原則として行わないものとする。
一 日曜日及び土曜日
二 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日
三 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)

2021年末~2022年始は何連休?

2021年末~2022年始は6連休となりますが、27日と28日に年次休暇を取得すると10連休になります。
2021年12月

12/19

20

平日

21

平日

22

平日

23

平日

24

平日

25

休日

26

休日

27

平日

28

仕事納め

29

休日

30

休日

31

休日

1

祝日

2

休日

3

休日

4

仕事始め

5

平日

6

平日

7

平日

8

休日

年末年始休暇が最大になるのはいつ?

12月29日が月曜日の年または1月3日が金曜日の年は、29日・3日の前後が土日で休みになるので、最大9連休となります。

ちなみに、次に最大9連休となるのは2025年1月3日が金曜日になる2024年末~2025年始です。

2024年12月

12/22

23

平日

24

平日

25

平日

26

平日

27

仕事納め

28

休日

29

休日

30

休日

31

休日

1/1

祝日

2

休日

3

休日

4

休日

5

休日

6

仕事始め

7

平日

8

平日

9

平日

10

平日

11

休日

 

ちなみに2025年末~2026年始も12月29日が月曜日になるので合計9連休になります。

2025年12月

12/21

22

平日

23

平日

24

平日

25

平日

26

仕事納め

27

休日

28

休日

29

休日

30

休日

31

休日

1/1

祝日

2

休日

3

休日

4

休日

5

仕事始め

6

平日

7

平日

8

平日

9

平日

10

休日

2022年末~2023年始は何連休?

気が早いですが、2022年末から2023年始の休暇日数についても調べてみました。

2022年末~2023年始は6連休となりますが、26日~28日に年次休暇を取得すると11連休になります。

2022年12月

12/18

19

平日

20

平日

21

平日

22

平日

23

平日

24

休日

25

休日

26

平日

27

平日

28

仕事納め

29

休日

30

休日

31

祝日

1/1

休日

2

休日

3

休日

4

仕事始め

5

平日

6

平日

7

休日