ボーナス

【2022冬】公務員のボーナスはいくらか?

ボーナスの支給日・支給月数

12月といえば国家公務員にボーナス(期末・勤勉手当)が支給される月です。

2022年は、12月9日(金)に支給されます。

そしてその支給月数は、期末手当が1.2か月、勤勉手当が1.05か月で合計2.25か月分が支給されます。

期末・勤勉手当の支給月数を昨年度と比較すると以下のとおりです。

支給月数 夏のボーナス
(6月)
冬のボーナス
(12月)
合計
2021年度 2.2か月 2.2か月 4.4か月(※)
2022年度 2.15か月 2.25か月 4.4か月

(※)2021年度の支給月数は4.3か月であるが、0.1か月分は2022年6月期ボーナスから減額することで調整

地方公務員のボーナスについては、各自治体の人事委員会等の勧告を踏まえて決定されますが、国家公務員に準じた取り扱いをする自治体が多い模様です。

過去のボーナス支給状況

過去のボーナス支給状況は以下のとおりです。

2022年 4.4か月
2021年 4.3か月
2020年 4.45か月
2019年 4.5か月
2018年 4.45か月
2017年 4.4か月
2016年 4.3か月
2015年 4.2か月
2014年 4.1か月
2013年 3.95か月
2014年 3.95か月
2013年 3.95か月
2012年 3.95か月

ボーナスの支給月数の決め方

国家公務員のボーナスは人事院勧告に基づき、民間ボーナスの支給実績と合わせることを基本とし、改定を行う仕組みとなっています。

今年度の人事院勧告では、ボーナスの0.1か月の引き上げが勧告されています。

人事院勧告については以下の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

人事院勧告とは何なのか?具体的な流れを解説人事院勧告とは 人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、誤解を恐れずに簡単に言うと「公務員の給与に大きな影響を及ぼすアドバイス」です。あ...

昨年度の人事院勧告の内容については以下の記事にまとめました。

2021年も公務員のボーナスがダウン!人事院勧告のポイントまとめ2021年8月10日、人事院は人事院勧告を発表し、民間企業のボーナスの支給状況について調査を行った結果、国家公務員の水準が民間の水準を上...
footer