公務員の試験情報・インターンシップ

【2021最新】国家一般職(化学)の第1次試験ボーダー、最終合格ボーダー、平均点など総まとめ

国家公務員採用試験の一つである国家一般職採用試験の第1次試験合格点や最終合格点、各試験の平均点や標準偏差などをまとめました。

第1次試験合格点、最終合格点


第1次試験合格点
211点
最終合格点
340点

人事院によると、2020年度の国家一般職化学の第1次試験合格点は211点、最終合格点は340点でした。

年度別の推移を見る!
年度 第一次試験合格点 最終合格点
2020年 211 340
2019年 289 443
2018年 335 487
2017年 354 530
2016年 369 561
2015年 357 568
2014年 375 546
2013年 385 565
2012年 435 573
2011年 492 567
2010年 497 637
2009年 463 603

基礎能力試験の平均点、満点、標準偏差、基準点


満点
40点
基準点
12点
平均点
22.518点
標準偏差
5.254

人事院によると、2020年度の基礎能力試験(教養試験)の満点は40点、基準点は12点、平均点は22.518点、標準偏差は5.254でした。

年度別の推移を見る!
年度 満点 基準点 平均点 標準偏差
2020年 40 12 22.518 5.254
2019年 40 12 19.099 4.807
2018年 40 12 19.971 4.243
2017年 40 12 19.955 4.745
2016年 40 12 19.129 4.658
2015年 40 12 20.869 4.814
2014年 40 12 20.073 4.429
2013年 40 12 20.227 4.894
2012年 40 12 21.784 5.062
2011年 45 16 22.185 5.474
2010年 45 16 21.453 5.755
2009年 45 16 25.115 6.404
・筆記試験の得点は、各試験種目の素点ではなく、試験種目ごとに平均点、標準偏差を用いて下記の方法で算出した「標準点」としています。なお、標準点は小数点以下を切り捨てます。

標準点 = 10 × 当該試験種目の配点比率 × ( 15 × (X – M)/σ + 50 )
X:素点 M:平均点 σ:標準偏差

・基準点に達しない試験種目が一つでもある受験者は、他の試験種目の成績にかかわらず不合格となります。「足切り」などと呼ばれることもあります。

専門試験(多肢選択式)の平均点、満点、標準偏差、基準点


満点
40点
基準点
12点
平均点
19.549点
標準偏差
6.820

人事院によると、2020年度の専門試験(多肢選択式)の満点は40点、基準点は12点、平均点は19.549点、標準偏差は6.820でした。

年度別の推移を見る!
年度 満点 基準点 平均点 標準偏差
2020年 40 12 19.549 6.82
2019年 40 12 18.96 5.574
2018年 40 12 15.791 6.504
2017年 40 12 19.261 6.387
2016年 40 12 18.138 6.293
2015年 40 12 19.52 6.142
2014年 40 12 18.038 5.609
2013年 40 12 17.804 6.225
2012年 40 12 19.079 6.495
2011年 40 16 19.777 6.57
2010年 40 16 21.939 6.855
2009年 40 16 23.427 7.583

一般論文試験の平均点、満点、標準偏差、基準点


満点
6点
基準点
3点
平均点
4.063点
標準偏差
0.848

人事院によると、2020年度の一般論文試験の満点は6点、基準点は3点、平均点は4.063点、標準偏差は0.848でした。

年度別の推移を見る!
年度 満点 基準点 平均点 標準偏差
2020年 6 3 4.063 0.848
2019年 6 3 4.046 0.847
2018年 6 3 4.017 0.859
2017年 6 3 4.032 0.87
2016年 6 3 4.036 0.837
2015年 6 3 4.05 0.823
2014年 6 3 4.067 0.785
2013年 6 3 4.042 0.838
2012年 6 3 4.037 0.842
2011年 6 3 4.052 0.85
2010年 6 3 4.084 0.814
2009年 6 3 4.063 0.85

人物試験の標準点


A
191点
B
147点
C
101点
D~E
他の試験種目の成績に関わらず不合格

人事院によると、2020年度の人物試験の標準点は、Aが191点、Bが147点 Cが101点でした。

年度別の推移を見る!
年度 A B C D
2020年 191 147 101
2019年 190 148 103
2018年 190 148 103
2017年 188 147 103
2016年 188 148 103
2015年 189 148 104
2014年 191 148 103
2013年 191 148 103
2012年 191 147 104
2011年 106 82 57
2010年 106 82 58
2009年 107 83 57