国家公務員-府省庁-経済産業省

【最新】情報処理推進機構の年収はいくら?給料、ボーナス、採用初任給をまとめました!

f:id:jnjgo:20181008221409j:plain

◆情報処理推進機構の年収をご紹介

情報処理推進機構の仕事、給料、採用に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2018年度の情報処理推進機構の年収は786.3万円です。

2018年度の情報処理推進機構(事務系)の平均年収は786.3万円、うち平均ボーナスは219.0万円でした。

年度別の平均年収・ボーナスは以下の通りです。

2018年 786.3万円(219.0万円)

2017年 792.2万円(222.8万円)

2016年 793.0万円(219.8万円)

2015年 730.6万円(197.7万円)

2014年 721.9万円(192.8万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

独立行政法人年収ランキング:17位(全87法人中)

準公務員を合わせた全公務員年収ランキングはこちら

都道府県庁の一般行政職の平均年収:601.6万円(平均年齢:43.2歳)

東京都特別区の一般行政職の平均年収:639.9万円(平均年齢:41.2歳)

日本全国にある1741市区町村の一般行政職の平均年収:557.0万円(平均年齢:41.5歳)

独立行政法人の事務系職員の平均年収:717.8万円(平均年齢:43.3歳)

国立大学法人の事務系職員の平均年収:580.0万円(平均年齢:42.9歳)

 

事務系常勤職員総数・平均年齢

2018年度の情報処理推進機構の事務系職員数は116人、平均年齢は42.7歳でした。

年度別の職員数・平均年齢は以下の通りです。

2018年 116人・42.7歳

2017年 102人・43.4歳

2016年 100人・43.4歳

2015年 92人・41.5歳

2014年 95人・41.3歳

 

モデル給与

22歳 係員 335.8万円

35歳 本部主任 629.6万円

50歳 本部課長 955.5万円

 

ラスパイレス指数

2018年 113.3

 

採用実績

2013年度 6名
2014年度 3名
2015年度 3名
2016年度 3名
2017年度 5名
2018年度 7名
2019年度 4名
2020年度 7名(予)

学校

(学校)
<大学院>
茨城大学、九州大学、関西学院大学、慶應義塾大学、筑波大学、東京工業大学、東京大学、東京農工大学、東京電機大学、東京都市大学、東京理科大学、法政大学、名城大学、立命館大学、早稲田大学
<大学>
青山学院大学、関西大学、北九州市立大学、群馬大学、慶應義塾大学、首都大学東京、中央大学、東海大学、東京外国語大学、名古屋工業大学、法政大学、明治大学、立教大学、立命館大学

(マイナビより)

 

採用キャッチコピー

経済産業省所管の公的機関として、ITに関するさまざまな政策の実現に取り組んでいます!

(マイナビ2021より)

仕事内容

事業の企画、実施、プロジェクト管理、広報及び全体調整等が業務の中心となります。多くの方と協力して事業を進めていく必要があり、たくさんの人々と関わることができるのが特徴です。

●サイバーセキュリティ対策の促進に係る業務の企画・立案、進捗管理、評価・分析
●サイバーセキュリティ対策の技術面(暗号)、国際認証制度(ISO/IEC15408、ISO/IEC19790)の運営
●IT人材育成、IT社会や技術動向の調査・分析等に係る業務の企画・立案、進捗管理、評価・分析
●情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援士試験等国家試験の実施に係る事務局運営
●総務、人事、財務諸表の作成、予算管理、会計、システムの構築・管理
●業務効率化、コンプライアンス活動の企画・立案、取組状況の把握
●展示会・記者会見などによる事業成果の広報並びに情報セキュリティ対策の普及啓発 など

(マイナビより)

 

勤務地

東京都文京区
※転勤はありません。

 

参考:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です