KomuInfo

公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします

人気のキーワード #国家公務員 #国家総合職 #国家専門職 #国家一般職 #国会職員 #官庁訪問 #国立大学法人 #独立行政法人 #地方公務員 #都道府県庁 #特別区 #政令市 #まとめ #ニュース #ランキング #民間企業 #大学教授 #大学職員 #看護師 #就職活動 #公務員試験 #大学入試

【最新】国際交流基金の年収は796.4万円!給料、ボーナス、採用初任給をまとめました!

スポンサーリンク

f:id:jnjgo:20180916190107j:plain

◆国際交流基金の年収をご紹介

国際交流基金の仕事、給料、採用に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2017年度の国際交流基金の年収は796.4万円です。

2017年度の国際交流基金(常勤職員)の平均年収は796万4000円、うち平均ボーナスは212万1000円でした。

年度別の平均年収・ボーナスは以下の通りです。

2017年 796.4万円(212.1万円)

2016年 784.8万円(205.7万円)

2015年 796.9万円(207.1万円)

2014年 792.4万円(203.7万円)

2013年 716.0万円(175.2万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

独立行政法人年収ランキング:15位(全87法人中)

準公務員を合わせた全公務員年収ランキングはこちら


都道府県庁の一般行政職の平均年収:601.2万円(平均年齢:43.3歳)
東京都特別区の一般行政職の平均年収:640.6万円(平均年齢:41.6歳)
日本全国にある1741市区町村の一般行政職の平均年収:555.1万円(平均年齢:41.6歳)
独立行政法人の事務系職員の平均年収:697.3万円(平均年齢:42.5歳)
国立大学法人の事務系職員の平均年収:580.0万円(平均年齢:42.9歳)

 

事務系常勤職員総数・平均年齢

2017年度の国際交流基金の事務系職員数は133人、平均年齢は43.5歳でした。

年度別の職員数・平均年齢は以下の通りです。

2017年 133人・43.5歳

2016年 128人・42.7歳

2015年 108人・43.3歳

2014年 105人・43.7歳

2013年 115人・42.9歳

 

外国で働く職員の年収

2017年度の国際交流基金(在外職員)の平均年収は1238万円、うち平均ボーナスは146万円でした。

年度別の平均年収・ボーナスは以下の通りです。

2017年 1238.0万円(146.0万円)

2016年 1244.6万円(144.8万円)

2015年 1237.6万円(134.0万円)

2014年 1218.5万円(137.4万円)

2013年 1061.8万円(128.8万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

 

在外職員総数・平均年齢

2017年度の国際交流基金の在外職員数は45人、平均年齢は41.8歳でした。

年度別の職員数・平均年齢は以下の通りです。

2017年 45人・41.8歳

2016年 45人・42.2歳

2015年 34人・40.4歳

2014年 43人・41.6歳

2013年 47人・44.4歳

 

モデル給与

22歳 係員 363万3542円

35歳 係長 606万4357円

50歳 課長 990万5806円

 

初任給

大卒 22万2414円

※2017年の実績です。

 

参考

http://www.jpf.go.jp/j/about/admin/salary/index.html