KomuInfo

総記事数2000以上!国内最大級の公務員情報サイト。公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします!

人気のキーワード #国家公務員 #国家総合職 #国家専門職 #国家一般職 #国会職員 #官庁訪問 #国立大学法人 #独立行政法人 #地方公務員 #都道府県庁 #特別区 #政令市 #まとめ #ニュース #ランキング #民間企業 #大学教授 #大学職員 #看護師 #就職活動 #公務員試験 #大学入試

【最新】青梅市役所の年収は高い?低い?年収給料、ボーナスをまとめました!

f:id:jnjgo:20181224070731j:plain

◆青梅市役所の年収がいくらなのかをご紹介

東京都青梅市役所の仕事、給与、採用に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2018年度の青梅市役所の年収は659.0万円です。

2018年度の青梅市役所(一般行政職)の平均年収は659.0万円、平均ボーナスは179.6万円でした。

年度別の年収・ボーナスは以下の通りです。

2018年 659.0万円(179.6万円)

2017年 654.4万円(179.8万円)

2016年 651.8万円(168.6万円)

2015年 645.1万円(171.3万円)

2014年 637.3万円(160.4万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

準公務員含む年収ランキング84位(全国にある1961団体中)

←83位 埼玉県狭山市660.1万円(43.3歳)


 84位 東京都青梅市: 659.0万円(43.5歳)


→85位 独立行政法人防災科学技術研究所658.7万円(39.9歳)

東京都内の市区町村年収ランキング8位(東京都にある63市区町村中)


全国の市区町村年収ランキング16位(全国にある1741市区町村中)

 

在籍職員総数・平均年齢

2018年度の青梅市役所(一般行政職員)の在籍職員総数は510人、平均年齢は43.5歳でした。

年度別の在籍職員総数・平均年齢は以下の通りです。

2018年 510人・43.5歳

2017年 520人・43.1歳

2016年 514人・43.3歳

2015年 499人・43.3歳

2014年 500人・43.3歳

 

ラスパイレス指数

2018年 100.3

2017年 100.2

2016年 100.6

2015年 100.4

2014年 102.8

 

地域手当

2018年 15.0%

2017年 15.0%

2016年 15.0%

2015年 12.0%

2014年 10.0%

 

参考:

年収の算出方法

総務省が公表している「給与・定員等の調査結果等」の「各団体区分別の給与状況」について、

(1)ラスパイレス指数及び平均年齢・平均給与月額等に掲載されている一般行政職員の国ベースの給与の値(=残業代抜きの月収)12倍し、

その値に(4)期末・勤勉手当の支給状況に掲載されている値(=ボーナス)を加えて算出したものとなります。