ランキング

【2021最新】東京都特別区職員の年収ランキング

地方公務員給与実態調査をもとに東京都特別区職員の年収ランキングを作成しました。

2020年

順位 市区町村 都道府県 平均年収
1位 杉並区 東京都 650.7万円
1位 豊島区 東京都 650.7万円
3位 墨田区 東京都 647.1万円
4位 渋谷区 東京都 643.9万円
5位 江東区 東京都 642万円
6位 足立区 東京都 635.6万円
7位 新宿区 東京都 634.5万円
8位 中野区 東京都 634.2万円
9位 世田谷区 東京都 633.7万円
10位 大田区 東京都 633.4万円
11位 北区 東京都 632.7万円
12位 港区 東京都 631.7万円
12位 練馬区 東京都 631.7万円
14位 目黒区 東京都 630.5万円
15位 千代田区 東京都 626.9万円
16位 文京区 東京都 624.6万円
17位 江戸川区 東京都 622.2万円
17位 台東区 東京都 622.2万円
19位 荒川区 東京都 620.5万円
20位 葛飾区 東京都 620.3万円
21位 板橋区 東京都 617.9万円
22位 中央区 東京都 615.8万円
23位 品川区 東京都 612.8万円

年収の算出方法について

総務省が公表している「給与・定員等の調査結果等」の「各団体区分別の給与状況」について、

(1)ラスパイレス指数及び平均年齢・平均給与月額等に掲載されている一般行政職員の国ベースの給与の値(=残業代抜きの月収)を12倍し、

その値に(4)期末・勤勉手当の支給状況に掲載されている値(=ボーナス)を加えて算出したものとなります。