KomuInfo

公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします

人気のキーワード #国家公務員 #国家総合職 #国家専門職 #国家一般職 #国会職員 #官庁訪問 #国立大学法人 #独立行政法人 #地方公務員 #都道府県庁 #特別区 #政令市 #まとめ #ニュース #ランキング #民間企業 #大学教授 #大学職員 #看護師 #就職活動 #公務員試験 #大学入試

【最新】物質・材料研究機構の年収はいくら?給料、ボーナス、採用初任給をまとめました!

f:id:jnjgo:20181008221409j:plain

◆物質・材料研究機構の年収をご紹介

物質・材料研究機構の仕事、給料、採用に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2018年度の物質・材料研究機構の年収は665.1万円です。

2018年度の物質・材料研究機構(事務系)の平均年収は665.1万円、うち平均ボーナスは180.5万円でした。

年度別の平均年収・ボーナスは以下の通りです。

2018年 665.1万円(180.5万円)

2017年 648.9万円(177.8万円)

2016年 674.4万円(178.3万円)

2015年 654.5万円(164.7万円)

2014年 616.8万円(159.3万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

独立行政法人年収ランキング:63位(全87法人中)

準公務員を合わせた全公務員年収ランキングはこちら


都道府県庁の一般行政職の平均年収:601.6万円(平均年齢:43.2歳)
東京都特別区の一般行政職の平均年収:639.9万円(平均年齢:41.2歳)
日本全国にある1741市区町村の一般行政職の平均年収:557.0万円(平均年齢:41.5歳)
独立行政法人の事務系職員の平均年収:717.8万円(平均年齢:43.3歳)
国立大学法人の事務系職員の平均年収:580.0万円(平均年齢:42.9歳)

 

事務系常勤職員総数・平均年齢

2018年度の物質・材料研究機構の事務系職員数は85人、平均年齢は42.3歳でした。

年度別の職員数・平均年齢は以下の通りです。

2018年 85人・42.3歳

2017年 84人・41.6歳

2016年 83人・42.3歳

2015年 78人・41.9歳

2014年 80人・40.6歳

 

モデル給与

22歳 係員 343.6万円

35歳 係長 515.6万円

50歳 室長代理 752.6万円

 

ラスパイレス指数

2018年 99.9