KomuInfo

総記事数2000以上!国内最大級の公務員情報サイト。公務員試験や年収給料にまつわる最新情報をお届けします!

人気のキーワード #国家公務員 #国家総合職 #国家専門職 #国家一般職 #国会職員 #官庁訪問 #国立大学法人 #独立行政法人 #地方公務員 #都道府県庁 #特別区 #政令市 #まとめ #ニュース #ランキング #民間企業 #大学教授 #大学職員 #看護師 #就職活動 #公務員試験 #大学入試

【最新】小金井市役所の年収は高い?低い?年収給料、ボーナスをまとめました!

f:id:jnjgo:20181224070731j:plain

◆小金井市役所の年収がいくらなのかをご紹介

東京都小金井市役所の仕事、給与、採用に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2018年度の小金井市役所の年収は617.8万円です。

2018年度の小金井市役所(一般行政職)の平均年収は617.8万円、平均ボーナスは163.3万円でした。

年度別の年収・ボーナスは以下の通りです。

2018年 617.8万円(163.3万円)

2017年 608.7万円(159.6万円)

2016年 593.1万円(153.0万円)

2015年 579.5万円(152.3万円)

2014年 578.1万円(145.3万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

準公務員含む年収ランキング267位(全国にある1961団体中)

←266位 大阪府高槻市618.0万円(39.9歳)


 267位 東京都小金井市: 617.8万円(40.3歳)


→268位 岡山県倉敷市617.7万円(42.3歳)

小金井市にある国立大学法人東京学芸大学の年収:628.4万円(43.8歳)


東京都内の市区町村年収ランキング46位(東京都にある63市区町村中)


全国の市区町村年収ランキング160位(全国にある1741市区町村中)

 

在籍職員総数・平均年齢

2018年度の小金井市役所(一般行政職員)の在籍職員総数は535人、平均年齢は40.3歳でした。

年度別の在籍職員総数・平均年齢は以下の通りです。

2018年 535人・40.3歳

2017年 543人・39.7歳

2016年 542人・39.3歳

2015年 523人・39.1歳

2014年 519人・38.8歳

 

ラスパイレス指数

2018年 100.5

2017年 101.3

2016年 101.6

2015年 101.0

2014年 102.7

 

地域手当

2018年 15.0%

2017年 15.0%

2016年 14.0%

2015年 11.0%

2014年 10.0%

 

参考:

年収の算出方法

総務省が公表している「給与・定員等の調査結果等」の「各団体区分別の給与状況」について、

(1)ラスパイレス指数及び平均年齢・平均給与月額等に掲載されている一般行政職員の国ベースの給与の値(=残業代抜きの月収)12倍し、

その値に(4)期末・勤勉手当の支給状況に掲載されている値(=ボーナス)を加えて算出したものとなります。