認可法人

預金保険機構の年収、ボーナス、モデル給与、初任給

預金保険機構の事務・技術系職員の年収

平均年収

931.9万円
※残業代を除く

ボーナス

267.6万円

総務省の発表によると、2019年度の預金保険機構の事務・技術系職員の平均年収は931.9万円、うち平均ボーナスは267.6万円でした。
年度別の平均年収・ボーナスは以下のとおりです。

年度 年収
合計 うちボーナス
2019年 931.9万円 267.6万円
2018年 925.2万円 264.7万円
2017年 900万円 254.6万円
2016年 910.3万円 254.6万円
2015年 873.4万円 239.3万円
2014年 890.5万円 241.2万円

※上記は残業代を抜いた額です。

【最新版】独立行政法人の平均年収ランキング各団体が総務省の通知をふまえて公表している「役員の報酬及び退職手当並びに職員の給与の水準」を参考に、2019年度の独立行政法人の事務・技...
情報通信研究機構の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...

事務系常勤職員総数・平均年齢

2019年度の預金保険機構の事務・技術系職員数は240人、平均年齢は48.5歳でした。
年度別の職員数・平均年齢は以下のとおりです。

年度 職員数 平均年齢
2019年 240人 48.5歳
2018年 225人 48.1歳
2017年 215人 47.1歳
2016年 215人 47.4歳
2015年 228人 46.2歳
2014年 181人 47歳
独立行政法人に就職する選択肢が地味に人気な理由8選 就活をする上で皆さんの多くが気になることは、なるべく高くて安定した収入・地位・世間体、充実したワークライフバランスを確保...

モデル給与

22歳大卒初任給

月額 195,500円
年収 387.1万円

35歳係長・同相当職

月額 280,300円
年収 562.6万円

50歳課長補佐・同相当職

月額 403,500円
年収 831.7万円

郵便貯金・簡易生命保険管理機構の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...

役職別給与

役職 人数 年齢 年収 最大最小
最大年収 最少年収
部長・同相当職 3 57.2 1330.1 0 0
次長・同相当職 39 55.8 1157.4 1321.2 856.3
課長・同相当職 62 54.4 1059.5 1190.8 691.2
課長補佐・同相当職 44 49.9 877.9 988.2 814
係長・同相当職 81 42.1 753.4 1019.6 541.5
係員 11 28 470.1 530.6 399.1

該当者が4人以下の場合は、個人が特定される恐れがあるため、「0」と表記しています。

国際協力機構の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...

ラスパイレス指数

年齢勘案

2019年 122.5

年齢・地域勘案

2019年 107.6

年齢・学歴勘案

2019年 118.2

年齢・地域・学歴勘案

2019年 104

統計センターの年収、ボーナス、モデル給与、初任給...
国際交流基金の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...
酒類総合研究所の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...
造幣局の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...
国立印刷局の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...
国立特別支援教育総合研究所の年収、ボーナス、モデル給与、初任給...

COMMENT