独立行政法人

【最新】国立病院機構(看護師)の採用情報、平均年収、平均ボーナス、初任給、モデル給与

f:id:jnjgo:20181119035118j:plain
◆国立病院機構(看護師)の年収をご紹介

国立病院機構の仕事に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2018年度の国立病院機構(看護師)の年収は493.5万円です。

2018年度の国立病院機構(看護師)の平均年収は493.5万円、平均ボーナスは122.9万円でした。

年度別の年収・ボーナスは以下の通りです。

2018年 493.5万円(122.9万円)

2017年 489.4万円(122.0万円)

2016年 486.9万円(121.4万円)

2015年 487.5万円(121.6万円)

2014年 485.9万円(119.7万円)

2013年 480.6万円(117.6万円)

※()内はボーナスを内数で表します。

※上記に加え、別途残業代が支給されます。

?

常勤看護師総数・平均年齢

2018年 26934人・37.3歳

2017年 27035人・37.2歳

2016年 27100人・37.2歳

2015年 26877人・37.2歳

2014年 26694人・37.2歳

2013年 26032人・37.2歳

?

モデル給与

看護師 約530万円

副看護師長 約620万円

看護師長 約740万円

副看護部長 約800万円

看護部長 約930万円

?

初任給

大卒 26万9200円
短大三卒 25万9900円

※上記は諸手当を含んだ額となります。

※2017年の実績です。

?

参考

独立行政法人国立病院機構資料一覧|厚生労働省

https://www.hosp.go.jp/~tohkai/recruit/nurse/